inunokansetu犬の関節のトラブルは非常に多いです。

特に老犬になってからトラブルが非常に増えます。

年齢関係なく普段から歩き方をしっかりチェックして犬の関節トラブルの早期発見に心がけましょう!

◎歩き方がいつもよりおかしい

◎ふらついている

◎階段を登れなくなった

◎足を引きづってる感じ

などの症状が見られたら、犬の関節トラブルを疑うほうがいいです。

若いワンちゃんが走り回ったり、無理なジャンプをした後などに、足をびっこ引くことがあります。この場合は犬の関節というより、筋を痛めた、捻挫してるだけの場合もあります。筋や捻挫のような場合は症状は一時的で数日で治りますが、犬の関節トラブルの場合は、数日で治るものではありません。また老化による脊髄の変形は、椎間板ヘルニアの原因になります。

普段から犬の関節トラブルにならないような食事、生活状況を気を付けてあげましょうね(^_-)-☆

上記に記載したような症状が出た場合、犬の関節や骨に炎症や変形が起こってることが多いです。

犬の関節トラブルは、小型犬は膝関節、大型犬は股関節に起こることが多いです。(どこの場所かは上の写真を参考にしてくださいね)

犬の関節トラブルは痛みを伴う場合が多いので、お散歩を嫌がる、運動を嫌がることがあります。

その際は無理に運動をさせないようにしてあげて、まずは病院で診てもらいましょう!

犬の関節トラブルは遺伝疾患のものも多いですが、基本的に老犬になってから関節にトラブルが出るパターンが非常に多いです。

老犬になって犬の関節トラブルにならないようにするには、普段から筋肉をしっかり付ける食事と適度な運動が必要になります。また体重の増加は犬の関節に非常に負担が大きくなるので、体重管理もしっかりしましょう!(^^)!

rouken老犬になると筋力が落ちて犬の関節トラブルになりやすくなります。

また関節トラブルまではいかなくても筋力の低下で足腰が弱くなることは多いです。

老犬になって足腰が弱くならないようにするためには筋力を落とさないようにすることです!

普段から鹿肉、馬肉などのような筋肉を作りやすい動物性たんぱく質をしっかり摂ること

⇒ペット用鹿肉、馬肉の販売はこちら

ドッグフードであれば穀物フリーの動物性たんぱく質がしっかり入ってるヒューマングレードのドッグフードをあげること

⇒カナガン ドッグフードはこちら

⇒モグワン ドッグフードはこちら

毎日の食事は犬の体を作る基本になります。また筋力アップには動物性たんぱく質絶対に必要になります。犬の関節トラブルにだけでなく、健康の為には良質な動物性たんぱく質が大事になりますので、毎日食べる食事には動物性たんぱく質(鶏肉、鹿肉、馬肉、魚)をメインの食事にしてあげましょうね(^_-)-☆

ペット用鹿肉、馬肉、無添加おやつの販売 miyudora pet