皆さんはドッグフードの療法食って知ってますか?

動物病院に行くとだいたい置いてる病気の犬用のドッグフードです。

療法食には、アレルギー用や肝臓用、腎臓用、ダイエット用、など病気の症状に合わせてフードの種類があります。

何かワンちゃんが病気になった時に、病院で勧められるのが、この療法食です。

先日、うちのお客様からとてもショッキングなお話を聞きました!

「前に飼ってたワンコが、皮膚病になって病院でアレルギー用の療法食を勧められ、穀物が犬によくないのは、わかっていたけど病院で勧められたからと、その晩から療法食に変えてあげたら、次の日にすごい下痢して愛犬が亡くなってしまった」ということなんです。。。

病院で勧められた療法食で犬が亡くなってしまった(*_*; そんな悲しいことってありますか!!

もちろん、すべての犬がアレルギー用の療法食を食べて亡くなる訳ではありませんが、こういう事例があったこと自体許しがたいお話しですよね。。。

普通は病気用のドッグフードだから、値段も高いし、いいドッグフードなんだーっと思いますよね。実は恐ろしいほど、中身は最悪なドッグフードなんです( ;∀;)

当然、病気にホーカスしてるドッグフードなので、腎臓病用であれば、極端にたんぱく質量を下げてるとか、ダイエット用であれば極端に脂肪分の量を減らしてるなど、部分的な効果だけはあります。

ただ療法食全体の栄養のトータルバランスは最悪です。ほとんど植物性たんぱく質で穀物たっぷり、合成保存料がっつりなど。こんなドッグフードをよくあの値段で売ってるよなぁと思うほどの中身です。

でっ!!もっと怖いのが獣医さんの認識です。

以前、獣医さんにうちのあつかってる商品を病院で置いてもらえないかなーと思い飛び込み営業に行ったことがあるんです。その際に帰ってきた獣医さんの言葉が

「ヒルズやロイヤルカナンの療法食を勧めていれば、何かあった時にメーカーが全部責任取ってくれるから、それ以外の商品は置かない」と言われました。。。(-_-;)

それってどうなん??と私は思いましたよ。。。そしてこんな獣医には絶対アトムは診せたくないと思いましたよ(*_*; 自分は無責任で何かあったらメーカーに責任丸投げって。。。

私は以前ペットフードメーカーに勤務しており、療法食も出していたので、知ってますが、もし自分のところのフードを食べて、病気になった、亡くなってしまったとメーカー側に訴えても、絶対にメーカー側は認めませんよ。。。徹底的に因果関係を調べますといって弁護士を出してくるだけです。クレーマー扱いされるだけで、飼い主さんが嫌な思いをするだけです。

ある程度大きいペットフードメーカーであれば、専属のクレーム対応、専属の弁護士がいますからね。そっちに振られるだけで、絶対非を認めることはないですね、よほどのことがない限り。。。

私達飼い主はこのような、悲しい事件が起きないように、また病院で療法食を勧められることがないように、普段から愛犬の食事には気をつけてあげる責任があります。

愛犬の健康は毎日の食事内容の積み重ねです!(^^)!

普段から安心してあげれる食事を選んであげましょうね!

ペット用エゾ鹿、本州鹿、馬肉、無添加おやつの販売 miyudora pet