愛犬には、いつまでも元気で長生きして欲しい!!これは飼い主なら、みんな願うことです。

ですが、残念ながら犬の老化は避けることが出来ません。。。

ですが、犬の老化を遅らすことは出来ます(^^♪

まずは、平均的に何歳ぐらいから犬の老化が始まるのかと言いますと

セントバーナードのように体重が65kほどある超大型犬は、わずか5歳~7歳で老化が始まり、平均して7~10歳で一生を終えてしまいます。

ゴールデン、ラブラドールレトリバー、グレイハウンド、秋田犬、グレートデン、マスティフなどの大型犬も寿命は短く、8~9歳になると明らかな老化を示すようになり、平均寿命は10~12年です。

逆に体重が2~5kg未満の非常に小型の犬種である、チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、ダックスフンドなどはもっとも寿命が長く、10~12歳前後で老化現象が始まり、健康状態が良ければ15歳前後、時には17歳~20歳まで生きるワンちゃんもいます。

中型の犬種は小型犬と大型犬のちょうど中間ぐらいが老化が始める年齢で、平均寿命も中間ぐらいになります。

上記に記載した大きさごとの平均老化年齢は、あくまで平均であって、当然普段の食べ物の影響でもっと早く老化が始まる、逆に老化が遅く始まるということは多々あります。

比較的子犬の頃からドッグフードのような加工食品だけを食べてるワンちゃんほど、犬の老化は早く始まります。これはどんなにシニア用のドッグフードをあげていても同じことです。

ちなみに、市販されてるシニア用のドッグフードは基本成犬用のドッグフードと中身はほとんど同じということを知っておいてください( 一一)

何が違うかというと、ちょっと脂肪分を減らして、粒を小さくするか、薄くするか、柔らかくして老犬にも食べやすくしてるだけで、成犬用のドッグフードと原材料はまったく同じです。。。メーカーによってはちょっと抗酸化作用のあるサプリ的なものをプラスしてるぐらいで、どんなにサプリ的な成分を入れてても、ドッグフード自体の消化吸収が悪ければ、犬の体に吸収される前に、全部、うんちとおしっこに出てしまうので、意味がありません(-_-;)

犬の老化を少しでも遅らせたいと思うのなら、消化吸収がよくて完全無添加で動物性たんぱく質が豊富なカナガンモグワンをおすすめします!

しかし、犬本来のお食事スタイルを再現した生食に勝るものはありません!(^^)!

いきなり生食に抵抗があるかたは、まずは加熱して、徐々に生に近づけてあげてみてください。犬の喜び方も半端ないですよ~鹿肉は特に犬に最高のお肉です☆

エゾ鹿肉、本州鹿、馬肉、無添加おやつの販売 miyudora pet