th2犬の腸の長さがどれぐらいか知ってますか?

今まで、犬の腸の長さなんて意識したことないーと言う方がほとんどだと思いますが、実はこの犬の腸について知っておくことはドッグフードや犬のご飯選びにも非常に関係してきます。

そして犬は本来肉食動物である!

ということも良くわかります(^_-)-☆

上の写真はあくまでイメージなので、本当の腸はこんな形ではありませんが(-_-;)

犬の腸の長さは約5.7m(体長の約6倍)これは肉食動物の腸の長さと同じです。

そして、草食動物は腸の長さ約40m(体長の約20倍)です。

th1イメージ図で比較してもらって、わかるように草食動物は腸の長さが長い分、食べた物をゆっくり時間かけて消化吸収することが出来ます。

逆に肉食動物と同じ腸の長さの犬は腸が短い分、ゆっくり時間をかけて消化吸収することが出来ません。短時間で消化して吸収しないと、すべて不要物として、うんちに出てしまいます。

それだけに、消化吸収がいい食べ物を食べることが重要になってきます。

うんちの量や回数が多いということは、食べた物が上手く消化吸収出来ずに、うんちに出てしまっていると言うことです。

市販されてる植物性たんぱく質がほとんどのドッグフードを食べてると、消化吸収率が非常に悪いので少量では体内に栄養を吸収することが出来ません。

そのため、粗悪な植物性たんぱく質を使ってるドッグフードほど、1日にあげるご飯の量が多く設定されています。量を多くしないと、ほとんど吸収されずに、うんちに出てしまうからです。

でも、犬の腸は短く、短時間で消化吸収しないといけない為、消化の悪いものが腸に入ってきたら、一生懸命、消化吸収しようと無駄に働きます。

これをずっと続けていると、腸への負担が大きくなり、自己免疫力が下がります。

腸が健康であれば自己免疫力が上がり、腸内環境が悪いと自己免疫力が下がります。

犬の腸というのは健康の基本の大事な場所なんです!(^^)!

ドッグフードであればカナガン ドッグフードのように消化吸収がいいものを選ぶ、または鹿肉や馬肉のような消化吸収がいいお肉をあげるなど、犬の腸にいい食事を選んであげましょうね!

エゾ鹿、馬肉、鶏肉、無添加おやつの販売 miyudora pet