今当店では、ワンちゃんを飼ってる飼い主様15名にモニターになってもらい鹿肉ドッグフードを作っています(#^^#)

本当に1からの制作で、皆さんに原材料の所から一緒に考えてもらっています!

まずベースになる鹿肉は本州鹿を使います。それも乾燥肉ではなく、生肉を使います( *´艸`)

実はこの生肉を使うことは非常にワンちゃんにとってはメリットだらけ、でも生肉を使うことは非常に管理もコストも大変だということがよくわかりました!

当然、生肉なので冷凍保管が必要になります。そうなると当然冷凍の保管料というものがかかってきて、これがまた高いんですよ。。。( ;∀;)

ということで、生肉はコストがかかることから乾燥させた乾燥肉を使うフードメーカーさんが非常に多いです。

あらかじめ使う肉を乾燥させて工場に納品すれば管理費用は浮きますし、乾燥させると量も縮むので、一気に大量納品できるので

輸送コストもかからないんですよね(´・ω・`)

メーカー側としては、乾燥肉にしてしまうのが1番コストもかからずにいいのですが、実はワンちゃんにとってはデメリットしかないのです。。。

というのは、乾燥肉や肉粉にしても長期保存の為には、当然防腐剤や抗菌剤が必要になってきます。

今現在ドッグフードに肉粉や乾燥肉と記載してるものには必然的に防腐剤や抗菌剤が入っているということです。これは落とし穴なんですが

当然ドッグフードも原材料はすべて表記しないといけませんが、その原材料そのものに含まれる成分、今回で言うと防腐剤や抗菌剤ですね、そこまでの

記載の義務はありません。なので原材料だけを見て無添加のドッグフードだわーと思っても実は違うってことが多々あるわけです。。。

また、生肉だけをドッグフードに入れていても、その生肉の鮮度まではわかりません。

これも落とし穴で、生肉でも鮮度が悪い、要は2フローズン、3フローズンのような冷凍、解答を2回も3回も繰り返してるお肉は

ヒスタミンという成分が出てしまいます。

実はこのヒスタミンがワンちゃんの大きなアレルゲンになっているのです!!(‘ω’)ノ

最近鶏肉のドッグフードを食べてアレルギーなるワンちゃんが非常に多いですが、実は品質の悪い鶏肉を使ってることから、このヒスタミンが発生して

それを毎日食べてアレルギーになるワンちゃんが多いわけです( ;∀;)

 

犬は肉食動物なので動物性たんぱく質が1番大事で当然お肉は優れた栄養素ですが、実は品質が1番大事だってことです。

このヒスタミンは穀物以上にアレルギーの原因になるそうなので、鮮度の高い生肉を使って作ってるドッグフードを作ることが重要になります。

 

。。。miyudora petで作るドッグフードを1フローズンの(生肉を1回だけ冷凍してるお肉)鹿肉のみ使用、当然生肉で使用し乾燥はさせません!

そして同じく鮮度の高い鹿の内臓も今回使用します(^^♪

そして、そして!!

今回の鹿肉ドッグフードには当店で販売してるエゾ鹿の業者様の協力も得てエゾ鹿も使います!!!( *´艸`)

これは、他には絶対ない、また他では作れない鹿肉ドッグフードになります(^◇^)逆にエゾ鹿を使ってるドッグフードがあったら教えてほしいくらい(笑)

もちろんすべて1フローズンの鮮度抜群の赤身肉、内臓、エゾ鹿を使います☆彡

出来上がりを是非楽しみにしててくださいね( *´艸`)

次回も続きのを記載しますね~

ペット用エゾ鹿、本州鹿肉、馬肉、無添加おやつの販売 miyudora pet